ホームセンターで家具の販売のパート

ホームセンターで家具の販売スタッフ

私は現在北海道在住で、子育て中のため専業主婦をしておりますが、それまではホームセンターで家具の販売スタッフをしていました。

 

(当時20歳)週5日、4〜6時間のパートタイムで働き、時給は820円ほどでしたが働き次第では昇給できるといったシステムで、私が退職する頃には8〜10万ほどお給料をいただいていました。

自分の頑張りが結果となるパート

「自分の頑張りが結果となる」という点に惹かれ、このパートを選んだものの現実はやはり厳しく、パートでありながらもなかなか過酷な仕事でした。

 

例えばお部屋のコーディネートに合わせた家具やカーテン、カーペットなどの販売をさせていただく際に、お客様のイメージを口頭で聞き取り完全に理解したうえで商品をお勧めしなくてはならないなど、質の高い接客が求められましたし、大型家具の設置や組み立てなど力仕事も多く、体力的にも厳しい仕事でした。

きついけど慣れてくればやりがいのある仕事

また定期的に接客講師の方が訪問されて、朝早くから出勤し講座を受けてから売り場へ出るなど、勤務時間外に行動することも多々あり、私は毎日へとへとになっていました。

 

けれど、この仕事にも慣れてくるとやりがいを感じる部分がたくさん見えてきました。自分の一生懸命詰め込んだ知識が、お客様の役に立てたこと。

 

実績を積むことは、同じ職場の先輩方やお客様から信頼される喜びに繋がること、これは昇給することよりもずっと嬉しいことでした。

職場の人間関係は互いを思いやり尊重しあう風習

職場の人間関係も良好で、プライベートでも皆さんとても仲が良くて、互いを思いやり尊重しあう風習が成り立っており、私自身も何度も公私共に助けられてきました。

 

お客様にも様々な方がいて、体の小さい私を気遣い、お客様の立場であるにも関わらず大型家具の設置を手助けしてくださったり、常連様は必ず私の名前でお買い物をしてくださったりと、よい関係を築けていました。

 

とても厳しいお仕事でしたが、パートの立場でありながらこんなにもやりがいの持てるとは正直思っていませんでした。子育てが落ち着いたら、またここに戻る予定です。