暇な時間をお金に換えるために百貨店でパート

結婚で正社員を辞めてから時間が余っていた

私は結婚するまで正社員として働いていたのですが、結婚と同時に引っ越したため仕事を辞めなければならず、仕事を辞めてから妊娠するまでパートとして働いていました。

 

夫の収入だけでなんとか生活できたのと、転勤族だったため正社員として再び働く気はなく、たまたま近所の百貨店で接客のパートを募集していたので応募したところ採用されて働くことになりました。

妊娠して辞めましたがなかなかの稼ぎになったパートのシフトと給与

平成21年の春頃働き始め、半年くらいで妊娠して辞めました。福岡の百貨店で雑貨を販売する仕事内容で、時給は900円、朝9時から21時までのシフト制で勤務時間は6時間程度、お昼休憩が1時間ありました。

 

私はひまだったので結構仕事を入れてもらってだいたい週5日出勤で、月収は扶養にひっかからないギリギリくらいになりました。

 

仕事を始めた時は26歳で、職場は私も含め全員女性で5人でローテーションで働いていて、だいたいお店にでているのは3人程度でした。年齢層は幅広く、店長が40代であとは30代と20代でした。

百貨店での仕事内容

百貨店なので客層もよかったと思います。仕事内容は私は入って割とすぐにやめたので、結局あまりバックヤードの仕事はやらなかったのですが、雑貨を販売するのと棚卸、レジなどをやっていました。

百貨店での人間関係

長く働いている人は他にも会計のようなことも任されていましたが、私はそこまでは任されませんでした。人間関係は割とよかったと思います。平日は割と暇だったので、他のパートと一緒に雑貨について色々話したりできたのが嬉しかったです。

 

引っ越してきたばかりだったのでおすすめのお店を教えてもらったり、情報交換ができました。今でもその時のパートの人とは会ったりしています。