キッチンスタッフとしてパートをした

ほとんどが女性のキッチンスタッフのパート

私は飲食店でキッチンスタッフとしてパートをしておりました。期間は平成25年2月から8月まで、女性で当時25歳でした。

 

キッチンスタッフのメンバーは、人の入れ替わりが激しかったので多少人数や構成にバラつきがありましたがだいたい全部で12名程度、ほとんどが女性でした。

 

私がいた時には男性は2人だけで、二人とも20代、女性は40代以上の方ばかりで私だけが20代でした。働いていたのはバイキング形式のお店で、昼間から夜まで営業しておりました。

キッチンスタッフのパートのシフト

当時私は昼間に別な用事がありましたので、主に夕方16時〜20時のシフト又は18時〜22時のシフトに入っておりました。たまに用事が無いときは10時〜16時というランチタイムのシフトにも入っておりました。

 

その時によって出勤日数は違いますがだいたい月10回程度入っておりました。その日によって残業が多少出たり、逆にお客さんが少なくて早く帰されたりすることもあるので、給料もバラつきがありましたがだいたい平均して月6万くらいは稼いでおりました。

キッチンスタッフのパートを選んだ理由

ここで働こうと思ったのは、単に家から近かったというのとシフトの融通が利きやすいからです。それ以外の理由は特にありませんが、働いてみるとキッチンスタッフは40代以上ばかりで嫌味っぽい人が多かったのでそれに耐えられなくて半年で辞めました。

 

年齢が離れていたのでその輪に入ることはなかなか出来ず、かといって年が離れていて気が合うわけでもない人たちと話もしたくなかったのでいつも肩身が狭かったです。ここでバイトしてよかった点は、毎日まかないが無料で出るということくらいだと感じました。